ホーム読み物コーナー > 日本の特別天然記念物【動物と植物】

タイトル画像:日本の特別天然記念物

はじめに  特別天然記念物の指定基準  特別天然記念物分布図

第I部 動物  第II部 植物


はじめに

 文化財といえば、由緒ある建造物、美術工芸品、史跡などを連想される方が多いのではないでしょうか。

 自然界の動物、植物、鉱物にも文化財があります。

 日本の国土は、地形が変化に富み、気候も亜寒帯から亜熱帯にわたっているので、自然は多様性に富んでいます。 そして、もとは大陸と地続きであったことや火山活動が活発なことも、特徴的な自然を形成してきた要因になっています。

 この豊かな自然のなかに、文化財保護法により、学術上の価値が高く特に重要なものとして75の特別天然記念物と、 重要なものとして892の天然記念物が指定されています。つまり、967もの貴重な自然の文化財が全国に分布しているのです。

 これらには、有名な観光地や観光資源になっているものもあれば、専門家を除いてほとんど関心が持たれていないものもあります。

 そこで、自然の文化財とはどういうものかを知ろうと、特別天然記念物を訪ね歩きました。

 絶滅の危機からよみがえった鳥類、生きた化石といわれる哺乳類、きびしい気象条件のもとでかれんな花を咲かせる高山植物、力強い生命力を感じさせる巨樹、 ものすごい噴火を想像させる溶岩流、噴泉が造りだした奇岩などに目を見張り、感動しました。

 このようなすばらしい自然を眺め、そのなかに浸っていると、我を忘れます。

 今後、特別天然記念物を主に自然の文化財をよく観察しながら、自然との共生の在り方を探ってみたいと思っています。

津田 
(1936年生まれ、農林水産省OB)


 「自然の文化財を訪ねて―特別天然記念物に感動―」と題する冊子が自費出版されました。津田骼≠ェ7年あまりかけて、 動物、植物、鉱物および天然保護区域の75の特別天然記念物を訪ね歩きながらまとめられた労作で、(社)農林水産・食品産業技術振興協会にも寄贈いただきました。

 この貴重な資料は、「自然との共生」を考えるうえで広い分野の方々に関心を持たれるものであり、当協会のホームページで紹介させてもらいたいと同氏に相談したところ、 ご快諾いただきました。そこで、動物と植物の51件について紹介することにしました。原文の長いものはホームページ用に要約してあります。

当コーナーに掲載している情報は2004年現在のものですので、最新の特別天然記念物の指定件数・対象につきましては、下記データベース等でご確認ください



 特別天然記念物の指定基準 



 特別天然記念物分布図 

  【PDF】(279KB)  【JPEG】(2048×1455ピクセル、239KB)

 第I部 動 物 


1.タンチョウ

2.カモシカ

3.アホウドリ

4.メグロ

5.ト キ

6.ライチョウ

7.オオサンショウウオ

8.コウノトリ

9.カワウソ

10.土佐のオナガドリ

11.アマミノクロウサギ

12.ノグチゲラ

13.カンムリワシ

14.イリオモテヤマネコ

15.小湊のハクチョウおよびその渡来地

16.鯛の浦タイ生息地

17.ホタルイカ群遊海面

18.長岡のゲンジボタルおよびその発生地

19.八代のツルおよびその渡来地

20.高知市のミカドアゲハおよびその生息地

21.鹿児島県のツルおよびその渡来地



 第II部 植 物 

22.阿寒湖のマリモ

23.野幌原始林

24.アポイ岳高山植物群落

25.早池峰山および薬師岳の高山帯・森林植物群落

26.羽黒山のスギ並木

27.東根の大ケヤキ

28.日光スギ並木街道附並木寄進碑

29.コウシンソウ自生地

30.牛島のフジ

31.田島ケ原サクラソウ自生地

32.大島のサクラ株

33.白馬連山高山植物帯

34.石徹白のスギ

35.狩宿の下馬ザクラ

36.春日山原始林

37.大山のダイセンキャラボク純林

38.加茂の大クス

39.宝生院(ほうしょういん)のシンパク

40.杉の大スギ

41.古処山ツゲ原始林

42.立花山クスノキ原始林

43.相良のアイラトビカズラ

44.青島亜熱帯性植物群落

45.内海のヤッコソウ発生地

46.都井岬ソテツ自生地

47.枇榔島亜熱帯性植物群落

48.蒲生のクス

49.喜入のリュウキュウコウガイ産地

50.鹿児島県のソテツ自生地

51.屋久島スギ原始林



読み物コーナーの目次に戻る