ホーム > 協会主催イベント

協会主催イベント


(公社)農林水産・食品産業技術振興協会が主催する農林水産技術関連のセミナー、シンポジウム、講演会等についてご案内しています。

【参加者の皆様へ】
 お申込いただく際にお預かりする個人情報につきましては、セミナー等の受付管理以外の目的には使用致しません。

行   事   名 受付方法

ユーザー認証を
設けています
開催日 開催場所
知的財産セミナーin 北陸「農林水産・食品分野の研究開発における知的財産マネジメント」 知的財産セミナーin 北陸「農林水産・食品分野の研究開発における知的財産マネジメント」申し込みフォームへ 平成30年
2月27日(火)
金沢商工会議所会館
大会議室
海外品種登録出願説明会 海外品種登録出願説明会申し込みフォームへ 平成30年
3月6日(火)〜3月20日(火)
詳細はこちら!


ユーザー認証について

自動送信による迷惑メール防止のため、入力フォームに入る前に簡単な認証をさせていただきます。 大変お手数とは存じますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

「参加申込み」ボタンをクリックすると、ユーザー名とパスワードを求めるダイアログが表示されます。

その各入力欄に下記に記載するユーザー名とパスワードを入力していただくと、入力フォームが表示されます。

  ユーザー名: nourin

  パスワード欄:
    「水産(すいさん)」の読み仮名をローマ字(小文字)でご記入下さい

    入力例:
    → 「猫(ねこ)」の読み仮名は「neko」と入力


上記のユーザー名・パスワードは各セミナー共通です。



平成29年度「知」の集積による産学連携推進事業のうち
知的財産の技術移転加速化事業及び産学連携支援事業

知的財産セミナーin 北陸

「農林水産・食品分野の研究開発における知的財産マネジメント」


 農林水産業・食品産業は、生産活動を通じて様々な技術やノウハウ等の知的財産が創出・活用される「知識産業・情報産業」です。 研究開発によって得られた成果を我が国の農林水産業の競争力強化に結び付けていくには、研究開発の段階から成果を知的財産として適切に創造・保護・ 活用する知的財産マネジメントに取り組むことが不可欠です。
 科学技術イノベーションの創出に向けては、世界に広がる様々な知識・技術や人材をいかに活用するかが競争力を大きく左右するようになってきています。 これまでの自前主義による研究開発だけではなく外部の知識・技術を積極的に活用する「オープンイノベーション」の取組が重要視されている状況にあります。
 本セミナーでは、農林水産・食品分野において、オープンイノベーションによる研究開発に取り組む方々等を対象に、知的財産マネジメントに関する実践的な考え方・ ポイント等を説明すると共に、農林水産・食品分野の研究開発における知的財産マネジメントの事例等も紹介します。

 開催日時
平成30年2月27日(火)13:30〜17:10

 場 所
金沢商工会議所会館大会議室 (会場へのアクセスはこちらをご参照ください
(石川県金沢市尾山町9-13)

 主 催
(公社)農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)

 共 催
石川県立大学

 参加費
無 料

 プログラム
1.挨拶
  (公社)農林水産・食品産業技術振興協会 理事・産学連携事業部長  佐藤 龍太郎

13:30〜13:40
2.知的財産マネジメント特別講演
 「6次産業化のためのオープンクローズ戦略」
  奥野 彰彦氏(SK特許業務法人 代表社員 弁理士)
   1)知財戦略とは
   2)オープン・クローズ戦略とは
   3)秘匿化、権利化、公知化、標準化の判断のポイント・留意点

13:40〜14:40
3.知的財産マネジメント事例紹介
 【競争的研究資金の実施課題における事例】
  (1) 「産学官連携で展開する果肉まで赤いリンゴ『紅の夢』」
     松本 和浩氏(静岡大学 農学部 准教授)


14:40〜15:10
 【農林水産省「知」の集積と活用の場のプラットフォームにおける事例】
  (2) 「『Society5.0におけるファームコンプレックス研究開発プラットフォーム』
     における知的財産マネジメント」
     吉田 重信氏
      (三菱ケミカル株式会社 研究開発戦略部 渉外グループ マネージャー/
       「知」の集積と活用の場「Society5.0におけるファームコンプレックス
       研究開発プラットフォーム」プロデューサー)



15:20〜15:50
 【北陸地域の研究開発・商品化における事例】
  (3) 「北陸を代表する農学系大学(石川県立大学)の知的財産戦略、
     産学連携、及び商品化例」
     三沢 典彦氏
      (石川県立大学 生物資源工学研究所 教授/産学官連携学術交流センター長)


15:50〜16:20
  (4) 「明和工業株式会社の研究開発・商品化における知的財産マネジメント」
     北野 滋氏(明和工業株式会社 代表取締役)

16:20〜16:50
4.質疑・意見交換
16:50〜17:10

 申込方法
参加ご希望の方は平成30年2月23日(金)までにお申込み下さい。
当日、会場に余裕がある場合に限り、事前申込なしでのご入場も可能です。
お申し込みは下記電子窓口にて承ります。

【電子窓口】
お申し込みはこちらの申し込みフォームから!
クリック前に↓下記「ユーザー認証を設けています」をお読みください
ユーザー認証を設けています
自動送信による迷惑メール防止のため、入力フォームに入る前に簡単な認証をさせていただきます。
大変お手数とは存じますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

「参加申込み」ボタンをクリックすると、ユーザー名とパスワードを求めるダイアログが表示されます。

その各入力欄に下記に記載するユーザー名とパスワードを入力していただくと、入力フォームが表示されます。
ユーザー名: nourin

パスワード欄: 「水産(すいさん)」の読み仮名をローマ字(小文字)でご記入ください

  入力例:
  → 「猫(ねこ)」の読み仮名は「neko」と入力

お問合わせ
(公社)農林水産・食品産業技術振興協会(略称JATAFF)
産学連携事業部 川畑・酒井・佐藤
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7F
TEL 03−3586−8644
メール:renkei−seminar@jataff.jp

  ← ホームに戻る  ↑ このページの先頭に戻る



海外品種登録出願説明会



 植物品種の海外への無断持ち出し、増殖が大きな問題となっています。我が国で育成された優良な品種が、海外へ流出し無断で増殖されないようにするためには、海外で国ごとに育成者権を取得することが必要です。 しかし、海外で品種を登録し、植物育成者権を取得するには多額の費用がかかるとともに、海外の品種保護制度について十分な情報がないため、海外での権利保護がなかなか進まない状況にあります。
 このため、農林水産省は平成28年度から「植物品種等海外流出防止緊急対策事業」等を実施し、海外出願に要する費用を補助し、海外での育成者権の取得を支援しています。

○この一環として植物品種等海外流出防止対策コンソーシアム(事務局:JATAFF)は、農林水産省の「植物品種等海外流出防止緊急対策事業」を活用し、以下のとおり、米国、EU、中国、韓国のそれぞれの国の品種保護当局の担当官を一堂に会した「海外品種登録出願説明会」等を開催します。

 日 時
3月6日(火) 関東ブロック(東京)10:00-17:00
3月8日(木) 近畿ブロック(京都)10:00-17:00
(各会場とも海外出願説明会は10:00-17:00、無料相談会は17:15-19:15)

3月12日(月) 北海道ブロック(札幌)
3月13日(火) 東北ブロック(仙台)
3月14日(水) 北陸ブロック(金沢)
3月15日(木) 九州ブロック(熊本)
3月19日(月) 東海ブロック(名古屋)
3月20日(火) 中国四国ブロック(岡山)
(各会場とも海外出願説明会は13:00-16:30、無料相談会は16:30-18:30)

 場 所
【関東ブロック(東京会場)】
  スタンダード会議室虎ノ門ヒルズフロント店 3階中ホール
  会場案内図>をご参照ください。

【近畿ブロック(京都会場)】
  ホテルグランヴィア京都 5階 竹取の間
  (京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル JR京都駅中央口直結)

【北海道ブロック(札幌会場)】
  TKPガーデンシティ札幌駅前 4階 ホール4H

【東北ブロック(仙台会場)】
  TKPガーデンシティPREMIUM仙台東口 ホール10B

【北陸ブロック(金沢会場)】
  ANAクラウンプラザホテル金沢 3階 鳳(おおとり)

【九州ブロック(熊本会場)】
  三井ガーデンホテル熊本 地下1階 ガーデンホール

【東海ブロック(名古屋会場)】
  TKP名駅桜通口カンファレンスセンター ホール3C

【中国四国ブロック(岡山会場)】
  ホテルメルパルク岡山 1階 泰平T

 講 師
【関東ブロック(東京会場)】及び【近畿ブロック(京都会場)】
(1)海外招聘者:(同時通訳あり)
   David Chalkley  米国農務省品種保護室(ウェブ参加予定)
   Christian A. Hannon 米国特許庁(USPTO)
   Laetitia Denecheau 欧州植物品種庁(CPVO)
   Zheng Yongqi  中国国家林業局
   Li Jianmeng  中国農業部
   Jang Jun Yon  韓国国立種子院(KSVS)
(2)指定代理人:HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
   弁理士 藤田 けんじろう氏(関東)
   弁理士 髭 善彰氏(近畿)
(3)農林水産省知的財産課

【北海道ブロック(札幌会場)】及び【北陸ブロック(金沢会場)】
(1)指定代理人:CLS日比谷東京法律事務所 弁護士 高橋 信慶氏
(2)農林水産省知的財産課
(3)JATAFF

【東北ブロック(仙台会場)】及び【九州ブロック(熊本会場)】
(1)指定代理人:HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
   弁理士 藤田 けんじろう氏(東北)、弁理士 髭 善彰氏 (九州)
(2)農林水産省知的財産課
(3)JATAFF

【東海ブロック(名古屋会場)】及び【中国四国ブロック(岡山会場)】
(1)指定代理人:平木国際特許事務所種苗グループ顧問 金澤 浩司氏
(2)農林水産省知的財産課
(3)JATAFF

 参加費
無 料

 申込方法
参加ご希望の方は各会場とも開催前日までに下記申し込みフォームよりお申し込み下さい。

(1) Web申し込みフォーム:

申し込みフォームはこちら!


ユーザー認証について

自動送信による迷惑メール防止のため、入力フォームに入る前に簡単な認証をさせていただきます。 大変お手数とは存じますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

「参加申込み」ボタンをクリックすると、ユーザー名とパスワードを求めるダイアログが表示されます。

その各入力欄に下記に記載するユーザー名とパスワードを入力していただくと、入力フォームが表示されます。

  ユーザー名: nourin

  パスワード欄:
    「水産(すいさん)」の読み仮名をローマ字(小文字)でご記入下さい

    入力例:
    → 「猫(ねこ)」の読み仮名は「neko」と入力


上記のユーザー名・パスワードは各セミナー共通です。


(2) メール: pvp10@jataff.jp
 
下記の内容をお書き添えください。

・氏名
・組織名および所属部署・役職(いずれも法人の方は必須)
・ご連絡先(郵便番号、住所、電話番号、FAX番号)
・メールアドレス
・個別相談会への参加希望有無
・個別相談会の相談内容を簡単に(参加希望の方のみ)

 お問い合わせ先
 JATAFF(公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会)
 イノベーション事業部
 担当:佐藤、石川、永田
 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7F
 TEL 03−3586−8644  メール pvp10@jataff.jp


  ← ホームに戻る  ↑ このページの先頭に戻る