ホーム読み物コーナー > 作物の花 > ハトムギ

ハトムギ (鳩麦)

イネ科

学名:Coix lachryma-jobi. L.var. frumentacea Makino



 ジュズダマに草姿が似ていて、変種とされる。

 一年生草本、茎の上位節に穂状花序を互生する、それらはさらに分枝して雌雄を異にする小穂をつける。

 穀粒の殻はジュズダマのように硬いホーロウ質とはならない。


 成熟期が不揃いで脱粒もし易く、70%の実が熟したときが刈り取り適期とされる。

 食用の外、薬酒、配薬剤などに利用され、利尿、強壮等の効能があるという。