ホーム > 読み物コーナー > みかんとその仲間たち・目次 > 林温州

林温州



 最もオリジナルなタイプの在来系温州が九州北部に伝わり、そのうち特に優れた系統が長崎県の伊木力地方で伊木力系を発生し、これが尾張の苗場に伝わり、 ここで生産された苗木が全国に広まり多くの優良な地方系統を発現したのである。林系温州もその一種である。

 和歌山県有田郡吉備町の林文吾氏園で明治43年に高接ぎされ植栽されていた樹から選抜された。 大正末期に当時の園芸試験場(清水市興津)が全国に優良系統探索試験の結果注目された。 昭和30年後半からのみかんブームに乗って新興産地で最も多く増植された品種である。

 樹勢は強く旺盛で、葉の大きさは中位、果実はM級主体で玉揃いは良い。果形はやや扁平、果実面は平滑、糖酸共に多く食味は濃厚、 熟期はやや遅く12月上旬収穫1〜3月出荷。




温州みかんのページに戻る