ホーム > 読み物コーナー > みかんとその仲間たち・目次 > 宮川早生

宮川早生



 福岡県柳川市、宮川謙吉氏邸内に植えられていた在来系温州みかんの枝変わりとして明治42年頃発生したと見られる。 大正12年より田中長三郎博士により詳細調査の上、命名されて以降、増植されてきた。早生温州の中では品質が良く栽培しやすいため全国的に増植され、 代表品種になった。

 樹勢は早生温州の枝変わりの中では旺盛で、概して栽培しやすい特長が他に比べて優れている。果実は比較的大果で、扁球形で、 腰高果や果梗部のネックが生じやすい。裂果や日焼け、炭そ病が少ない輸送性に富む。早期収穫はやや酸が多いので、 完熟期まで樹上におくと濃厚な風味を発揮する。




温州みかんのページに戻る