ホーム > 読み物コーナー > みかんとその仲間たち・目次 > 紀州みかん

紀州みかん



 わが国には約700年前に中国から伝来したとも言われ、熊本県には古くから有ったが天正年間(1574年)に紀州有田に伝えられて一大産業となり、寛永年間(1634年)に江戸に出荷され名が広まった。紀伊国屋文左衛門が荒天を冒して海路江戸に運び、「沖の暗いのに白帆が見える あれは紀伊国蜜柑船」と歌われた江戸時代が全盛期で、明治時代の中頃まではわが国を代表するみかんであった。しかし現在では鹿児島県の「桜島小みかん」として地域特産品が出荷されている。みかん主産地では、葉をつけて出荷するので葉付きみかんともいわれ、鏡餅に添える橙の代わりに出荷されているにすぎない。

 紀州では熊本八代から伊藤孫右衛門による導入が紀州みかんの栽培の初めではなく、それ以前に紀州みかんの栽培が既にあり、改良種を導入したとの説が定説となっている。
 岩政正男氏によると紀州みかんは単胚であり、中国伝来説は当たらないと言う。田道間守公が本種を持ち帰ったとも、中国に同一種があるとの説もあり、その起源は明らかではない。
 果実は小さく扁球形、果皮は薄く、橙黄色で光沢があり、香りがあるが、浮皮になりやすい。果肉は柔軟多汁、酸は少なく、甘みが強い。




目次に戻る