ホーム > 読み物コーナー > みかんとその仲間たち・目次 > ブラッドオレンジ(タロッコ)

ブラッドオレンジ(タロッコ)



 わが国では血みかんと呼ばれ果実皮と果肉にアントシアンの赤い色素を生じるオレンジの一群である。イタリアでは今でもブラッドオレンジが主流であり、 最も期待されている大果の中生品種。かつてはヨーロッパで最も重要なオレンジであったが、現在ではネーブルやバレンシアにその座を奪われた。

 おもちゃのこまを意味し、倒卵形の特異な形から名付けられた。果実皮はやや厚く剥皮しにくい。果面に黄橙色の地に赤い色素が発現する。果肉は多汁、 赤い色素が濃く生じる。風味はよく爽快味に富む。種子はほとんどないが、2〜3粒含む時もある。




目次に戻る