ホーム > 読み物コーナー > みかんとその仲間たち・目次 > セミノール

セミノール



 みかんとグレープフルーツやぶんたんの雑種はタンゼロと呼ばれる。フロリダのアメリカ農務省(USDA)ダンカングレープフルーツとダンシータンゼリンの交雑種である。

 フロリダ育成種には、すべて当地の湖の名前がつけられている。わが国には1955年に田中長三郎博士によりカリフォルニア大学を通じて種子で導入され、 三重県の篤志家、桂清吉とのコンビにより産業化された。

 これらを調査中に5月にヒヨドリが群がっている果実があり、5月を過ぎてもジュースが多く、果皮の色が美しく、いち早く果樹園芸試験場に導入し、 産業化を試みたのも遠い昔話である。今ではごく普通になっている樹上越冬かんきつへの袋掛けを初めて行ったのも懐かしい。

 果面が極めて滑らかで、赤橙色が美しい。3月下旬〜4月上旬に収穫し、5月以降に出荷する。特長は果汁が多いことである。 将来、目の前でジュースを絞るような喫茶店ができれば最初に登場する果実であることは間違いない。




目次に戻る