ホーム > 読み物コーナー > みかんとその仲間たち・目次 > いよかん

いよかん(宮内いよかん)



 黄色から橙色の晩柑類が多い中にあって、紅色の鮮やかさと光沢は他を圧倒している。この色は最も食欲をそそり、ほのぼのとした温かさを感じさせ、 外観の商品性は別格。

 名前から愛媛原産と思われがちだが、1887年山口県東分村の中村正路氏の園で発見されたので、当初は穴門(あなと)みかんという名前であったが、 1890年に松山市の三次保徳氏が自ら増植し、今日のいよかんの基礎をつくった。さらに、1952年に松山市の宮内正義氏園で枝変わりが発見され、 宮内いよかんと命名された。

 色、香り、味と三拍子そろった本種の消費もやや下降気味である。結実性がよく、大果で250g内外、年内に完全着色し、食味はよい。




目次に戻る