ホーム > 読み物コーナー > みかんとその仲間たち・目次 > レモン

レモン(リスボンレモン)



 レモンはインドのヒマラヤ北東山麓で発生した。中国には10世紀頃伝わったが、栽培は広がらなかった。12世紀にアラビア人がスペインに伝え、 地中海地方に栽培が拡大していった。コロンブス以降にアメリカに伝わり、カリフォルニアに大産地を形成し、300万t以上の香酸かんきつの王者になった。

 わが国には明治時代に伝わり、一時瀬戸内地方を中心に栽培が増加したが、自由化により栽培が減少した。しかし皮肉にも消費が10万tにまでなり、 近年外国産レモンの腐敗防止剤使用とハウス栽培技術の発達により安定生産が出来るようになり、3000t以上に復元した。 リスボンレモンはポルトガル原産で主要品種である。中果、長球形〜卵形。




目次に戻る