ホーム > 読み物コーナー > みかんとその仲間たち・目次 > じゃばら

じゃばら



 和歌山県の飛び地、筏下りで有名な北山村から熊野市にかけての原産。この地方に江戸時代から分布していたゆずと九年母、紀州みかんなどの自然雑種の香酸かんきつ。 北山村出身の福田国三氏が登録申請し、昭和54年11月に品種登録された。

 果実の大きさは130g位。球形ないし短球形、果皮にはゆずのかおりがある。11月に収穫して3〜4月まで貯蔵しても果汁は減少しない。酸は5%位。 ワイン等多くの加工品が豊富。




目次に戻る