ホームアグリビジネス展開支援事業 > シンポジウム

令和元年度 農林水産省 ベンチャー/生産現場連携促進シンポウム

農業における先端技術活用の加速化を目指して II


詳細はこちらからご覧になれます


 農林水産業の強化を図るためには、今やICTやAI、ロボット等の先端技術は欠かせない存在となっています。このシンポジウムでは、 農業における先端技術活用の有効性や課題を多面的に捉え、その加速化に向けたこれからの展望について論議を深めます。
 農業者をはじめとして、スマート農業にご関心のある関係者の皆様にとって有益な内容となっておりますので、是非ご参加いただきたくお願い申し上げます。

 開催日時

令和2年2月14日(金)13:00〜16:50

 場 所

日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(地下1F)

 主 催

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室

 参加費

無 料

 プログラム


【 開催宣言 】
   事務局(JATAFF) 13:00〜13:05
【 挨 拶 】
   農林水産省 農林水産技術会議事務局 13:05〜13:10
【 第一部:生産者視点で捉える先端技術活用の営農への意義と課題 】
   1)「葉物野菜のハウス栽培における高機能化の限界への挑戦」
     高瀬 貴文 氏(株式会社 果実堂 代表取締役社長)
13:10〜13:40
   2)「土壌改良から見る、次の手立てスマート農業」
     尾藤 光一 氏(有限会社尾藤農産 代表取締役)
13:40〜14:10
   3)「ハウス内環境調節の創意・工夫から統合環境制御への発展的取り組み」
     内野 貴人 氏(内野農園 代表)
14:10〜14:40
   4)「農業分野へのIT導入支援実績を踏まえたスマート化の意義と課題」
     堀 明人 氏(一般社団法人日本農業情報システム協会 専務理事)
14:45〜15:15
【 第二部:アグリビジネス展開支援事業の活動状況 / 前年度発表の続編! 】
   1)「スマート農業時代における経営分析クラウドの実証活動の総括」
     谷 奈津美 氏(テラスマイル株式会社 開発・プロジェクトリーダー)
15:15〜15:40
   2)「スマート農業時代における養豚経営支援システムの実証活動の総括」
     神林 隆 氏(株式会社Eco-Pork 代表取締役)
15:40〜16:05
【 第三部 総合討論:農業における先端技術の活用を加速するための課題と方向性 】
    ファシリテーター 三原 洋一 氏(NKアグリ株式会社 代表取締役社長)
16:05〜16:50


 申込方法

参加ご希望の方は令和2年2月10日(月)までに下記申し込みフォームよりお申し込み下さい。
当日、会場に余裕がある場合に限り、事前申し込みなしでのご入場も可能です

(1) Web申し込みフォーム:

申し込みフォームはこちら!


フォームをクリックする前にお読みください

自動送信による迷惑メール防止のため、入力フォームに入る前に簡単な認証をさせていただきます。 大変お手数とは存じますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

「参加申込み」ボタンをクリックすると、ユーザー名とパスワードを求めるダイアログが表示されます。

その各入力欄に下記に記載するユーザー名とパスワードを入力していただくと、入力フォームが表示されます。

  ユーザー名: nourin

  パスワード欄:
    「水産(すいさん)」の読み仮名をローマ字(小文字)でご記入下さい

    入力例:
    → 「猫(ねこ)」の読み仮名は「neko」と入力


上記のユーザー名・パスワードは各セミナー共通です。

(2) メール:n−ishiwaki@jataff.jp
 
お名前(フリガナ)
所属機関名及び部署・役職名(個人の場合は不要です)
電話番号、メールアドレス
その他連絡事項等

をお書添えの上お送りください。

お問合わせ
(公社)農林水産・食品産業技術振興協会内 事務局
 産学連携事業部  石脇
 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7F
 TEL:03-3586-8644




アグリビジネス展開支援事業の案内ページに戻る